料

お見合い
 まず、日程を決めてお会いします。世間話や趣味の話も交えながら住まいに対する考え方や要望・理想をお伺いします。
プランニング

プレゼンテーション
 敷地調査・法規制の確認などの事前調査をしプランを立てる作業に入ります。要望・家族構成・空間構成・敷地条件・視線・風の流れ・陽の入り方・規模構造・コスト、などを充分に考慮します     (A3用紙−2〜3枚程度)




契約  提案内容を気に入って頂き、相思相愛ということになりましたら、委託契約を結んでいただくこととなります。
基本設計  計画案をもとに打ち合わせを重ね基本設計図書の形にまとめて行きます。(間取りや構造の種類 各部の寸法 面積 主な使用材料・機器の種類など予算とのバランスも考慮します)
実設計  基本設計により決定した建築計画に基づき、デザインと技術の両面にわたり細部の検討を行い詳細図をまとめます。カーテン・照明器具・外構など工事に含んでおきたい項目や工事範囲も明記していきます※ 詳細図は工事見積りが大まかにならない為にも大切です。
工事見積り  最も適した施工業者を選定する作業に入ります。設計書を元にいくつかの工務店・建設会社に見積りを依頼します。
見積書の
チェック
 施工業者による見積書の内容が条件通りか、また仕様・数量・単価などの重複や区分に間違いがないか,材料や工法の使用が施工業者の都合の良い解釈となっていないかなどの確認をします。
 建築は工業生産品ではありません。多くの職人の手で創り上げていくものです。必ずしも金額が一番安いことが絶対条件ではなく、設計の意図を理解し情熱をもって、かつ適切な金額で施工する業者を選ぶことが大切だと考えます。
確認申請  提出書類に基づき市町村→消防→県の順で審査を行います。こちらは設計事務所が代理人として行います。
工事
請負契約
施工業者との工事請負契約を結びます。工期・支払条件・火災保険などの確認。私(設計者)も発注者(施工者)の契約の調印に立会いアドバイスをいたします。
地鎮祭  着工に先立ち敷地の地主神を鎮め工事の無事を祈願する為に行う儀式です。 吉日を選んで午前中に行います。
現場での
監理業務
 着工に先立って、施工者から提出された工程表や施工計画への助言、仮設工事や基礎工事などの施工図の検討に入ります。建物の位置確認工程表に沿って完成検査まで多くの工事確認指示を行います。この時期は現場で定期的に打ち合わせを行います
上棟式  仮設工事 基礎工事 躯体工事の後、棟木を上げる時に行われます。大地を司る神に守護を感謝し屋根の棟を司る神々に事の成就を願う為の祭事です
現場での
工事監理
 建物は色々な職種の職人さんの手で仕上げられていきます。現場では単に工事の手落ちがないかのチェックだけではなく、必要に応じて設計図に手を入れたり、施工者にわかってもらう為にスケッチで示したりします。仕上り具合によって意図通りの空間が出来るかどうか大きく左右されるからです。設計図だけでは語り尽くせないものをじかに伝えていきます。          
工事完成  施工者自身の検査後、私達は設計図書通りに出来ているか、建物内外共最終的に詳しくチェックします。問題があれば手直しの指示をし、手直しがきちんと行われた事を確認します。その後役所の検査となります。
 完了検査とは、完成した建物が建築基準法、消防法など諸法令上の基準に適合している事を確認する為の検査で、検査が終わり建物が合法的である場合には検査済証が発行されます。確認通知書と一緒に大切に保管して下さい
引渡し 完了検査が済むといよいよ引渡しとなります。
無料 アフター
フォロー

● 工事業者選定は・・?

● 建築家との家造りって・・?
● ハウスメーカーとの違いは・・?
● 狭小敷地なのですが・・
● 遠いのですが・・
● 土地から探して欲しい・・
● 予算があまり取れない・・
● まだ先の計画なのですが・・
● 設計料ってどの位・・?
● 確認申請って何・・?
● 工事見積りはどの様に・・?
● 支払いはどの様に・・?