リノベーション LDKに集まる家に

■ 築35年の一軒家 

数年前まで は
1F ご両親スペース -  LDK 寝室
2F 若夫婦スペース -  DK 子供部屋 寝室 
共有スペース      -  玄関・客間・洗面脱衣・風呂
このように二世帯住宅として日常を送られていましたが家族構成に変化があり、
お子様も成長され生活の環境が大きく変化しました。

現状部屋数は4人で生活するには多過ぎ、ともすると、個々に過ごしてがちになってしまう。
それでは、なんとも寂しい。
そこで、リビング・ダイニング・キッチンを充実させて集まりたくなる スペースにリノベーション。
以前は、台所と居間が仕切られており、それぞれが独立したスペースでした。
風の通り抜けが無く、台所で家事をしている時居間の様子が分からない。
収納場所がうまく使われずそれぞれの場所に物が多い。
などの点が気になるご様子でした。

まずは、二間の仕切りを取り払い一間へ。 風が通り抜け大変明るい広がりのある空間に。
家事をしながら家族の顔が見えるよう対面式のキッチンとし 食品庫・書類収納スペースを充実させました。
尚、冬の寒さ対策としては、床暖房を敷き詰めました。

一日にあったことをなんとなく皆で会話をする

そんな風に過ごせるL・D・K となりました。
                           
  



■ LDK

ダイニングの一角に収納  書類・書籍

リビングダイニング



ダイニングの一角に収納  書類・書籍などなんでも

 

■ 食品庫 

キッチンの隣には食品庫
たまたまキッチンの隣にあった使われてない部屋を、キッチンとの壁を取払い食品庫へ変更
リノベ前の廊下からの導線は塞いだ上、洋服の収納用に変更(写真がないのが残念)

食品庫


キッチンから食品庫の入口を望む



■ 玄関 


大容量の下駄箱を設置



■ 便所 

便所