リノベーション マンション編

■ 築30年 マンションの一室を丸ごとリノベーション

施主からの要望は
      
・ 昭和の雰囲気がする畳の部屋をフローリングへ変更してほしい
・ 昼間でもなんとなく暗く収納力不足のキッチンを機能的で明るいスペースへ変更してほしい
・ 収納量が収納スペースをはるかに超えている

これらの問題を解決すべく、全体をスケルトン状態とし間取りから変更
各部屋の居室スペースと収納スペースのバランスを細かくだし無駄なスペースを無くす。
キッチンに於いても導線寸法を細かく打合せをした結果新たに主婦憧れの食品庫が誕生。
米・酒などがさのある物や急な来客時に隠してしまいたい雑多類は何でも収納できる!
リビングと隣室との間仕切りを取り、光を通す素材に変更し光と明るさと広がりを確保。
北エリアの2部屋の間仕切りをとり、子供室に変更。更に寒さ対策として窓に内窓をインプラス!

  





■ キッチン

白いキッチン



■ 食品庫 

なぜ奥に行くほど狭くなるの? 
それはキッチンとの取り合いです
キッチン側の設備配置は 
●背面ユニット部分 - 奥行450  
●冷蔵庫      - 奥行650 その差150mmがある為こなりました
食品庫側の入口が 830mm 奥 680mm です



■ リビング から 洋室 

バリアフリーとし共通のフローリングを使用したことにより広がりのある空間に
間仕切りの建具を光を透す明るい素材を使用
 




■ 洋室 2 








■ 納戸

子供室を作ったことにより派生した収納部屋
布団・扇風機などがさのある物を気にせず収納




■ 便所