• 設計料金

  設計料金についてご説明いたします。

  設計料ってどのくらいなのか不透明なところですよね。
  設計料は、国土交通省により算定の基準 というものが定められていて、その内容は建物の規模や用途により異なります。
  そして設計料金の内訳としては、概ね設計業務と監理業務があります。

  設計業務は、施主様と打合せを重ね、設計図面を作成する業務。
  監理業務というのは、 施主様の立場として現場の諸検査立会や工事が図面通りとなっているかの確認業務です。
  
  算出の方法は、総工事費に対して設計料率をかける場合 や 建築規模に対して単価として表す場合などがあります。
  上記、国土交通省HPには基準となる計算式が掲載されていますが、河野建築設計室の場合は下記のように取り決めております。
  随分、難しく書きましたが弊社の場合は明瞭完結な算出方法をとっております。
  
  この設計料をお伝えするタイミングは、ファーストプランを気に入ってくださりご契約いただける時です。
  この時点でご提示できるものは、気に入って頂いた ” ファーストプラン ” と 私共の実績です。
  車や建売住宅のような成果品が目の前にあるわけではないのです。
  ですから、いつも感じる事なのですが、少々お伝えしづらいのです。

  ただ、実際にご契約いただき、図面製作が進み、100㎡規模の住宅で50枚を超える設計図面をお渡しした時や
  工事が始まり、施主様の立場で現場監督さんや業者さんと打ち合わせをし住宅が完成した折には、
  この設計料をご納得いただいておると自負しております。


  
  

  • 住宅の場合

 ¥70.000.- / 1坪あたり   
 

  規模やグレード 又既存建物を解体する場合や外構工事の仕様 により異なりますが目安としてこのように定めております。
  住宅計画を始める段階で、建物の大きさが決まっていないケースは多いですのでその点においては、要相談という事でお願いします。 
  また、リノベーションに関しても、おおよその予算は新築の場合と同等となります。

   一例) 100㎡ の住宅の場合 - 約2,100,000 + 消費税 ~  
       200㎡    〃   - 約4,200,000 + 消費税 ~